マインドズームとは

シンクタンクマインドズーム ホーム > マインドズームとは

私たちは”精神”の拡大を実践するヒューマンコンサルティグ会社です

私たちは、精神の拡大を求めるヒューマンコンサルティングの会社です。
マインドズームは、精神の教育、企業の経営管理、企業文化、個人の生活、そして人生の根幹をなす人間の精神と向き合い、個人の精神の成長・発展と、社会の変革を支援するシンクタンクです。
思想哲学、東洋思想、教育学、心理学を土台とした「成功的自己の実現」 「『脳力』の育成」 「『脳耕生活』の導入」を進め、人と社会の啓発を求めています。

1. 成功的自己の実現とは…

一人ひとりに適応した達成可能で高い目標を設定し、その達成を現実のものにすることです。

2. 脳力とは…

効果的な行動を促す4つの能力。4つの能力とは、1.現状認識力 2. 創造力 3. 決断力 4.行動力です。

3. 脳耕生活とは…

脳力の4能力を日常生活において繰り返しで、アップワードスパイラル(上昇らせん)的に成功的自己の実現へと向かう効果的な生活スタイルです。

成功的自己の実現 脳力の育成 脳耕生活の導入


マインドズームが行っていること

マインドズームでは、個人の精神の発展や社会の開発を目的として、社会運勢学に基づく各種の自己啓発セミナーを開催しています。

東洋思想の叡智である「気学」「易」「仏教」をはじめ、
最新の時事を読み解き、企業経営とリーダーシップ論を学ぶ「経営者塾」など 幅広い層の方々に対し、自己の向上をはかる内容をお伝えしています。


「社会運勢学とは」

気学というもの

気学の誕生は5000年以上も前に遡る。この時期は人類が農耕を開始し、牧畜をはじめた頃と重なる。それ以前の人類は狩猟採取で生活していた。木の実、草の実を採取し、魚を追い、狩りによって小動物をとらえて生きながらえていた。この時代の生命力の源は、自分の身体あった。身体の最大の力を発揮するために、身体に傷をつけて入れ墨をし、化粧を施して、ワシの羽やクマの爪を身に飾り、肉体に潜む力を外へ出そうとした。

農耕がスタートするや、秘めた力を手に入れるための大革命が起こる。太陽や月、雨や風といった天の恵みを受ける農業は、自分を遥かに超えた偉大な力に目を開かせ、そこに神や仏を見るようになっていった。

こうしてメソポタミアで、シュメール文明が姿を現し、ユダヤ教、キリスト教が誕生して世界宗教へと発展する。インドではヒンズーが登場、やがて釈迦が生まれる。

中国は少し違った。人間を超える大生命を宗教ととらえず、宇宙の気として生命をとらえていった。伏義という天才が現れて月と星の動きを観察、岩にぶつかる水の渦を追いかけて、宇宙と生命の霊妙なリズムを探り「気」を体系化する。紀元前五世紀、孔子はこれを人生論的に解説し、理論を整えてより実践的な人間論として、「気」と「易」を現代に伝えた。

伏義と同じことをした西洋人がケプラーとダ・ヴィンチだった。ケプラーが太陽と月や星から天体の動きを察知、ダ・ヴィンチは川の流れがもつ乱流を飽きずに眺めて、物理学の真理を知る。伏義から遅れること六〇〇〇年だった。易の卦は六十四種類、「気」の動きは螺旋運動。遺伝子の組み合わせが六十四種、二重螺旋構造であることを西洋科学が知ったのは、ほんの最近である。東洋が科学的思想を西洋に先駆けること、数千年にも及ぶ。その叡智が「気」と「易」に息づく。

社会運勢学とは?

気学は宇宙をひとつの生命体=バイタル・エネルギーととらえている。永遠の広がりを持つ宇宙を「天」として十干をもって表し、この地球を「地」として十二支を当てはめる。その間に生きる生物を「人」として九星を用い、地上の生命体すべてのエネルギーを示す。こうして今年は、天に「丙」、地に「申」、人「二黒土星」と並ぶ。

「天」は政治や国際情勢や天候など、「地」は経済活動や景気、「人」は社会情勢、流行、人間の活動に強く影響を受けた自然災害などを現す。だから気学とは、一個人の運勢を明らかにすると同時に、自然現象や災害、国際情勢の動きや経済活動、産業界の動向、景気や流行など、幅広く世界の動きを予測するものだった。いつしか鑑定する人間の力量が落ち、複雑な世の動きを解説する力がなくなっていった。こうして、占いが怪しげなワザへと転化するのである。

もともと占いとは「裏成り」で、そこに起きた現象の原因を探究する科学的なものだった。原因を把握して、それを改めれば悩みは解消する。自分に訪れた困難は、自分の努力で解決できる。それが「裏成り」の本義である。

しかし、いつしか占いは、自分以外の力によって悩みを解決するムードに浸る。ここから科学的合理性と道理を失う。もとより、科学のみで生命を理解できないのは当然だ。合理性だけの判断がいかに間違っているか。しかし、万人が納得するには、論理は欠かせず、非合理を合理と説得する道理は必要となる。それらすべてを失ってしまっては、社会が受け入れることは難しい。こうした欠点を補うために、「社会運勢学」を立ち上げた。ここで占いを正しい姿、本来の姿勢に戻そうと思う。


吉方方位確認ツール

初めての方はコチラ

展望と開運2017

書籍・DVD

初めての方はコチラ

村山幸徳 特別セミナー

気学塾・易と家相・仏教塾

姓名鑑定依頼

Mindzoom フェイスブック

Mindzoom YouTube


↑ページの先頭へ戻る